診療案内

はな

はなは匂いを嗅ぐだけではなく、呼吸器官としての大切な働きをしています。肺や気管を守るために、吸い込んだ空気を温めて加湿し、細菌やウイルスなどの体内への侵入を防ぎます。鼻水や鼻づまり、くしゃみ、においがわからない、鼻がくさい、鼻血が出やすいなどの症状が現れましたら、早めにご相談ください。

アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎はくしゃみ、鼻水、鼻づまりの3つの症状を生じる病気で、同時に目のかゆみ、のどのかゆみ、咳などほかの症状も出ることがあります。若い人だけでなく年配の人でも発症する可能性のある病気です。原因としては、アレルギーの元となる物質が鼻の粘膜に付着し反応を起こし症状がでます。治療として当院では、アレルギーの原因物質(アレルゲン)を少しずつ摂取していくことによって徐々にアレルギー症状が出にくい体質に変えていく、アレルゲン免疫療法もおこなっています。

花粉症

くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみが主な症状ですが、この他に咳、のどの痛みや違和感、頭痛、発熱、頭重感、皮膚の発疹などの様々な症状が見られます。花粉症は前述のアレルギー性鼻炎の一つであり、花粉が原因となって起こる疾患です。鼻に入ってきた花粉を洗い流すために、鼻水がたくさん出てきたり、奥に花粉が入ってこないように鼻の粘膜が腫れるために鼻づまりが起こります。

副鼻腔炎

副鼻腔炎は、ちくのう症とも呼ばれ、副鼻腔という空洞の中に炎症が起きて膿(うみ)がたまる病気です。色の濃い鼻水がよく出る、痰がからむ、頭痛やほっぺたが痛いなどの症状があります。診断には、レントゲン検査で副鼻腔に膿がたまっているかを調べます。治療としては、抗生剤などの内服、鼻水の吸引により、鼻の中の腫れをとって鼻の通りをよくしてから、ネブライザーという機器で薬液を吸入し、症状を改善させていきます。副鼻腔炎は、繰り返すことが多いため、慢性化する前に根気よく治療を行うことが重要です。

みみ

耳は音を聞くだけでなく、身体のバランスをとる機能もあります。耳がいたい、違和感がある、聞こえが悪い、めまいが起こるなどの症状に気付いた場合は、耳鼻咽喉科を受診されることをおすすめします。

中耳炎

浸出性中耳炎、慢性中耳炎、急性中耳炎があります。 急性中耳炎は、主として細菌が原因で中耳に入って鼓膜の内側に膿が溜まるこにより、突然耳の痛みや難聴、発熱という症状があります。 慢性中耳炎は、急性中耳炎などの炎症が治りきらず慢性化して、痛みは無いですが、耳だれを繰り返したり鼓膜に穴が開いてしまったりします。浸出性中耳炎はお子さんに多く、鼓膜の内側に液体がたまることにより聞こえが悪い、耳の詰まった感じがある、時には耳鳴りがひどくなるという症状があります。

めまい

めまいは、ぐるぐる回るという回転性めまいのほか、ふらふら、ふわふわ感など自覚症状があり、同時に耳のつまる感じや耳鳴り、吐き気、難聴も伴うこともあります。めまいに関しては、聴力検査や重心動揺検査、または眼振(がんしん)検査を行い、めまいに特徴的な眼の動きが無いかを調べます。検査の結果で、聴力の左右差があれば有名なメニエール病を疑います。メニエール病は内耳のリンパ液が浮腫を生じて起こる回転性めまいを繰り返す病気です。

のど

のどは食道や胃に食べ物を送り込んだり、言葉を発したり、肺まで空気を届けたりする役割があり、口から入ってくる細菌やウイルスの侵入も防いでいます。のどの病気でよく見られるのは、声がれ、咳、扁桃腺の腫れや痛みなどです。

扁桃炎

疲労が続いたり風邪をひいて抵抗力が落ちているときなどに、扁桃腺が細菌に感染し、のどの痛みと熱が出ます。水も飲めなくなると、入院して治療することもあります。扁桃炎を繰り返すことで心臓や腎臓などの大切な臓器に影響を及ぼす事もあるため適切な治療方針を決定する事が重要です。

声がれ

声は、喉頭(こうとう)というのどぼとけの中にある声帯(せいたい)が開いたり、閉じたりすることで出しています。声が出しにくい、かすれる、のどが乾きやすいといった症状の原因としては、声を出しすぎた、あるいは風邪などによりのどに炎症が起こったことが考えられます。声がれが長引く場合は、のどの周りの腫瘍や他の病気が隠されていることもありますので、医師にご相談ください。