アレルギー性鼻炎
あいりお耳鼻科では、アレルギー性鼻炎の根本治療である減感作療法(免疫療法)を行っています。

減感作療法(免疫療法)って何?

減感作療法とは、アレルギー症状を起こす原因物質(花粉症の場合はスギ花粉など)を体内に入れ、徐々に増やしていくことでそれに対する過敏な反応を減らしていこうという治療法で、現在のところアレルギー性鼻炎に対する唯一の根治療法です。
減感作療法の方法は、注射による方法と舌下免疫療法があります。

注射による方法

原因物質のエキスを少しずつ注射していく方法です。

治療対象となるアレルギー物質

ハウスダストや花粉

治療のスケジュール

通常は導入療法として週に1〜2回注射を3ヶ月から半年ほど続け、さらに維持療法として月に1〜2回の注射を半年続けます。治療終了後にも効果が続く患者さんが多いことが知られています。治療期間は、3年以上です。
1週間に1回 37回
2週間に1回 10回
4週間に1回 10回
8週間に1回 10回
その後、12週間に1回を3〜4年程度

効果

有効率は約80%で、半数以上の患者さんは薬を減量できたり、あるいは薬を必要とせず生活には支障が見られなくなります。

注意点

約500回に1回の注射でアレルギー症状(注射した部位の腫れや喘息のような息苦しさなど)を生じることがあります。きわめてまれに、血圧低下などのショック症状が起こるという報告もあります。そのため、注射後15分間は待合室で様子を見ます。
また、頻繁に通院する必要があること、即効性がないこと、決して100%の患者さんに有効でないこと(どんな治療法でも同じですが)があります。

舌下免疫療法

舌下免疫療法でもアレルギー物質を含むエキスを用います。その原因物質を含んだ錠剤を毎日服用する方法です。

治療対象となるアレルギー物質

ハウスダストやダニ、スギ花粉

治療のスケジュール

原因物質を含んだ錠剤を舌下に数分間保持した後、飲み込みます。ご自宅で1日1回の服用を毎日継続していただきます。治療期間は、3年〜5年です。

効果

有効率は約70%で、個人の体質によりますが、2週目くらいから徐々に効果が現れ始め、約2~3ヶ月で効果を感じられるようになります。

注意点

きわめてまれに、アレルギー症状(口内のかゆみや腫れ、喘息のような息苦しさなど)を生じることがあります。副作用は、特に服用後30分、開始初期1ヶ月、花粉が飛散している時期に起こりやすいといわれています。